ショートムービーアプリ『TikTok』は、株式会社アウトナンバー(本社:東京渋谷区、代表者:小野田 博彦)が運営する『SOMECITY』のスペシャルパートナーとして提携いたしました。TikTokは国境を越えて、多種多様なショートムービーコンテンツを生み出すことができるハブとして、世界中のアイデアが集まるマーケットプレイスとなっており、この度2月6日(水)に開催される『SOMECITY 2018-2019 TOKYO 2nd PLAYOFF -3on3-』から『SOMECITY』の魅力を発信すべく、スペシャルパートナーとして提携しました。

この提携により、『TikTok』は『SOMECITY』の公式アカウントを通じて、『SOMECITY』に選手のスーパープレー動画や、普段見ることがないスキルフルな動画など『SOMECITY』の様々な情報を動画として発信し、『SOMECITY』をより一層盛り上げていきます。

▶『SOMECITY』TikTokアカウント:http://vt.tiktok.com/o2hQc/

▶『SOMECITY』オフィシャルサイト:http://www.somecity.tv/

また、『TikTok』は今回のパートナーシップの締結に伴い実施する特別ハッシュタグキャンペーン『#バスケで遊べ』を始動し、動画を投稿した人の中からSOMECITY ALL STARSと3on3で戦える選抜ドリームチームを結成します。そして、その様子は地上波でも放映されます。※放送エリアは関東圏内限定になります。

さらに、『TikTok』はバスケ関連のあらゆる団体を訪問、バスケプレーをTikTokで撮ることの楽しさやカッコ良さを訴求し、『#バスケで遊べ』を通してさらにバスケ界を盛り上げていくことをサポートしていきます。

(写真上から)上智大学C2の皆様、首都大学東京体育会バスケットボール部の皆様、WASEDA BALLERSの皆様

【『SOMECITY』について】

SOMECITYは、様々な街で創り上げられる「バスケットボールを究極に遊ぶ(=ストリートボール)」リーグ。そこには様々なバックグラウンド、キャリア、想い、夢、目標を持ったボーラー達が各々のスタイルで自由に自分を表現する空間があります。それぞれのスタイルをストリートボールを通じて発信することによって、何かを起こすきっかけを創り、その街の活性化を目指し、より多くの人に活躍する場所と機会を提供することを目的とします。現在は関東圏のチームが参戦しているSOMECITY TOKYO、そして関西圏のチームが参戦しているSOMECITY OSAKAでリーグを通年開催し、2017-2018シーズンでもAOMORI、NIIGATA、FUKUOKAが正式にリーグとして運営を開始しています。その他各都市でもトーナメント戦を開催し、2016年には中国でSOMECITY SHANGHAI、BEIJING、GUANZUHOUを実施。その活動範囲を海外にまで広げ、今なお勢いを増してその開催都市を次々と増やしています。