【TikTok Safety Blog vol.5】

【TikTok Safety Blog vol.5】では、12月13日(金)に開催した、TikTokセーフティパートナーおよび有識者・関係機関との「第5回TikTok Japan セーフティパートナカウンシル」についてレポートいたします。

TikTok安全啓発活動のアップデートおよび子どものネット依存に関するディスカッションを実施
5回目となる今回の「TikTok Japan セーフティパートナーカウンシル」は、「子どものネット依存」をテーマに、セーフティパートナーの皆様に加えて学識経験者の皆様、関係省庁の皆様にもご参加いただくことができました。


冒頭、ByteDance株式会社 安全推進チームの石谷祐真より、TikTokの安全推進に関する最新の取り組みとして、以下3点についてお話しさせていただきました。
1) 動画フェスタ2019への特別協賛と途中経過のご報告
2) 世界初となるTikTok親子向けイベントの開催
3) 新たなTikTok安全啓発コンテンツの製作・公開

1.動画フェスタ2019への特別協賛と途中経過のご報告
TikTokは、動画フェスタ実行委員会主催、総務省近畿総合通信局・スマホ連絡会(近畿)共催の動画制作及び動画作品の視聴を通し、インターネットリテラシーの定着および向上を図ることを目的に実施する啓発動画コンテスト「動画フェスタ2019(https://d-fes.jp/index.html)」に特別協賛しました。本協賛を通じ、人気クリエイターの“じょいや”さんをはじめとしたTikTokクリエイターの動画に加え、高校生たちの創意工夫あふれる安全啓発動画などがTikTokで投稿されました。その結果、9月2日~11月1日の募集期間にTikTok内で「#動画フェスタ2019」のハッシュタグでの投稿